最近の記事

第1回鮎放流をしました New!

アップロードファイル 76KBアップロードファイル 98KB

4月12日(月)第1回鮎の放流をしました。
放流河川及び放流箇所は以下の通りです。
今回の放流魚は那珂川系F4の5gです。

那珂川  小川釣り専用区  150s 30,000尾  
     富谷橋下釣専用区 120s 24,000尾
     興野大橋下    120s 24,000尾
     宮原キャンプ場前  60kg 12,000尾
     ひのきや前     85kg 17,000尾
     烏山大橋釣り専用区100kg 20,000尾
     下野大橋上流    85s 20,000尾
     新河岸右岸    120kg 24,000尾

箒 川  80s 16,000尾
武茂川  150kg 30,000尾



荒川は河川工事による汚濁を避けるため、5月10日に放流を実施いたします。

     
     

丘ハミ確認しました

アップロードファイル 164KBアップロードファイル 186KB

今日は、那須烏山の下野大橋下流の瀬岸で、

多数の丘ハミを確認出来ました。

もう少し、上流部でも見られる様ですから、烏山地区までは鮎の遡上が来て居るようです。

今週の遡上調査

アップロードファイル 155KBアップロードファイル 164KBアップロードファイル 186KB

今週の茂木地区での遡上調査も、昨年に引き続き、好調な数を捕獲出来ています。

少し、サイズが小さいのが気に成りますが、このまま移行すれば、期待出来ると思います。

又、小川地区まほろばの湯前の災害復旧工事の最終確認作業を行いました。

今回は、日大安田教授をお招きし、河川の造り方や玉石や鮎ストーンの配置等、細部まで打ち合わせし、より良い流れに成る様にして行きたいと思います。

順調の様です

アップロードファイル 159KBアップロードファイル 145KB

今年の那珂川は、毎週降雨が有り水量が多い状態が続いています。

4月に入り、鮎の遡上調査の結果も昨年並みの数字に成っていますので、遡上は期待出来ると思います。

鮎遡上情報

アップロードファイル 162KBアップロードファイル 155KB

昨日、栃木県水産試験場の茂木地区鮎遡上調査で、今年初めて鮎の遡上が確認されました。


又、今日の茨城県の遡上調査では、先週よりも捕獲数が増えていますので、遡上は本格的に成ってきたと思われます

水曜日に、大洗港と那珂湊港の視察を行いましたが、小さい鮎らしき魚影がかなりおりますので、今年も期待出来ると思われます。