最近の記事

年末年始のお休み

今年も残すところ数日に成りました。

組合事務所は、28日午後より年明け3日まで、休みと成ります。

又、仕事始めの4日は、午前中のみの業務に成りますので、宜しくお願い致します。


今年の秋の茨城県側での鮎の瀬付状況は良かったようで、河口での降海する稚鮎の数は多かったとの情報が入っております。

又、鮎の遡上率との因果関係が有ると言われている、セグロイワシの数も、昨年秋同様に少なかったですから、来年の鮎の遡上も期待出来ると思われます。

今年一年那珂川をご利用頂きありがとうございました。

来年も宜しくお願い致します。

ヤマメ発眼卵放流

アップロードファイル 111KB

今年も、那珂川本流へヤマメの発眼卵放流を、日本釣振興会により行っております。

2年目で、まだテスト段階ですが、上手く定着してくれると良いと思われます。

いよいよ終了です

今日の那珂川では、朝はやや冷え込みましたが、日中は晴天に恵まれ、20℃をこえましたが、鮎の魚影がかなり薄く成り、釣果は良く有りません。

箒川や箒川合流上下の那珂川本流では、今週は20匹を越える釣果も出ていましたが、明日の朝は5℃まで冷え込み、日中も20℃位までしか上がらない予報に成っています。

来週以降は急激に日中の気温も下がる予報ですので、那珂川の鮎釣りもいよいよ終了でしょう。


南部管内では、烏山大橋たけやさんでは日曜日まで、荒川一つ石やなさんでは11月まではオトリを販売するそうです。


今年は、早期の渇水と、後期の増水で思い通りの釣行が出来ないシーズンでした。

今週茨城県小場江堰上の瀬付き場所を確認に行きましたが、今年も既に瀬付きが開始されていますので、来年も遡上が期待出来ると思われます。


鮎情報のブログ更新は、本日を持ちまして終了させて頂きます。今シーズンは沢山の方に那珂川に御出頂き有り難う御座いました。

来シーズンも宜しくお願い致します。

今日の那珂川

今日の那珂川では、朝の冷え込みが厳しく成りましたが、日中は晴天に恵まれ、気温も上昇しました。

しかし、南部管内での釣果は各ポイント共に、10尾越えれば良いように成っており、かなり厳しい状況に成って来ました。

鮎の跳ねは見られますが、鮎が下り出しており、追いが無いようです。

鮎の溜まり易いトロ場の上下の、小石混じりのザラ瀬で日中から夕方にかけて追っていますが、サビた鮎がかなり混じるように成っております。


箒川では、那珂川本流よりも水温が高い分、まだ若い鮎が多いようです。

明日は、晴天に恵まれますが、そろそろ鮎シーズンも終了しそうです。

今日の那珂川

アップロードファイル 197KBアップロードファイル 153KB

今日の那珂川では、朝からどんよりとした曇り空で気温も上がらずに、寒い1日に成りました。

釣果の方も余り良く無かったようです。


好調でした烏山大橋でも、昨日今日は鮎が抜けたのか、10尾越えれば良い感じです。


一方、箒川は水温が高い為に、まだまだ若い鮎が多く、好調です。


浄法寺橋〜那珂川合流までの、ザラ瀬や早瀬の強い流れで良く追っています。

オスは錆びた鮎も多いですが、メスは若い鮎が多いです。

昨日も、箒橋下流のザラ瀬で、日中4時間で4〜23尾釣れています。


那珂川本流では、那珂川釣荘前では釣れているようで、夕方遅くまで釣り人が入っています。


明日は、朝は8℃まで下がりますが、日中は晴れ間も出て気温も上がるようです。


画像は、昨日の箒川の鮎です、