最近の記事

たけや営業時間について New!

烏山大橋釣専用区でおとりアユと日釣り券・入漁年証取扱をしている「たけや」さんですが、境地区役員の皆さんの運営により、朝6時から午前中いっぱいのみ営業できることになりました。 固定電話がありませんのでお問合せは受けることができません。ご了承ください。

既に、魚券の取扱いは開始してますので、魚券更新がまだの方は、是非ご利用下さい。土日祝日も取扱い予定です。

おとりアユは6月1日の解禁日から販売開始です。

那珂川町鮎放流&遡上状況

アップロードファイル 198KBアップロードファイル 180KB

5月18日、小川那珂川釣荘前と、武茂川古舘橋下流へ、那珂川町協賛の鮎の放流が行われました。


那珂川本流武茂川それぞれ6000尾放流しました。


現在の那珂川では、今週に入り渇水に成って来ています。それでも、小川地区では、青藻がかなり発生していますが、ハミは多く石は光っています。しかし、今まで光ってました、烏山地区では、軽い冷水病発症により、体調が悪いのかハミが少なく成り、底石は泥被り状態に成っています。朝夕に鮎の跳ねが見え、新しいハミも見えますから、鮎自体は居るようです。

渇水により、水温が上昇すれば次第に回復すると思います。

遡上状況ですが、今週の茨城県水産試験場の遡上調査でも、昨年動機よりも多い鮎かわ捕獲されています。

昨日も、小場江堰へ遡上調査に行きましたが、遡上を確認出来て居ますので、昨年を上回る遡上量には成ると思います。

烏山大橋でも、断続的に遡上が見られます。

鮎遡上情報

アップロードファイル 181KBアップロードファイル 181KBアップロードファイル 146KB

昨年は、ゴールデンウィーク開けには、小場江堰での遡上が見られ無く成りましたが、今年は5月16日にも毎分300尾程度の堰を越える鮎の遡上が見られました。

先週の、茂木地区での遡上調査でも、昨年よりも、多い鮎を捕獲しています。

小川〜烏山までの底石も、昨年よりはかなりハミが多く、ポイントに寄ってはピカピカな場所も有ります。

今のところ、一昨年よりは遡上量は少ないですが、昨年よりは遡上量は多いですので、今年は、期待出来ると思います。

鮎遡上情報

アップロードファイル 176KBアップロードファイル 181KBアップロードファイル 186KB

烏山大橋上初音堰では、4月10〜15日まで連日帯状の遡上が確認されましまが、その後は、たまに遡上する程度で移行していましたが、4月24日は久しぶりに帯状の遡上か確認されました。

早期遡上群は、昨年よりもやや多めですが、これからの遡上本番時期の増加に期待したいです。

茂木地区での、遡上調査数も増えていますので、適量な降雨が有れば、遡上量も増えると思います。

16日ヤマメ放流について

37894-1.pdf(99KB)

4月16日に那珂川小川地区で行われるヤマメ釣り祭りについて、釣り場の開放は午前8時半になります。