最近の記事

ポイント紹介 青岩〜赤岩 New!

アップロードファイル 184KBアップロードファイル 191KBアップロードファイル 186KB

今日の雨で、那珂川町では20cm程増水しました。

本来は、60cm位増水してくれると、良いのですが。

明日に期待です。

ポイント紹介

青岩

今年の青岩の瀬肩は昨年と大きくは変化してませんが、昨年よりも、少し瀬肩部分が短く成ったます。

底石は、頭大の石ですが、昨年程では有りませんが、多少砂が有るポイントも有ります。

瀬肩上50m位左岸側にもう一段瀬肩が出来ています。


まほろばの湯前

昨年は、トロ場中間に、浅く成る変化点が有りましたが、今年は変化の無いトロ場に成っています。冬場に確認しましたが、トロ場上流部分には、大型の石が入っているポイントも有ります。



那珂川釣荘前

昨年よりも、瀬肩が下流に下がっています。石は大型ですが、所々砂が混じったポイントが有ります。又、流芯では、岩盤が出ているポイントもあります。

今日現在では、親指〜人差し指大のハミが多数有りますが、流れの緩いポイントでは、泥被り状態です

若鮎大橋付近

若鮎大橋付近でも、大きくポイントの変化は無いように見えますが、底石の状態はかなり変わっています。

今年は、浅場に鮎が出る傾向に有りますがら、水量回復すれば、橋上左岸側の浅場は面白そうです。

橋下流赤岩の瀬へ落ちる上の石が良くなっています。

こちらのハミも大型が目立ちます



画像は、青岩〜赤岩に掛けてです、

今日の那珂川 New!

アップロードファイル 145KBアップロードファイル 150KBアップロードファイル 151KB

このところの天気で、那珂川は、かなりの渇水に成っております。

鮎の遡上は、渇水でも好調で、今日も烏山大橋の堰でも夕方まで見られました。

鮎はいっぱいいますが、渇水続きで、青藻の発生が酷く成っていますので、余り底石を食む鮎の光景が見られなく成っています。


昨年の台風で、流れや底石の状態が変わったポイントがありますので、解禁前には、川見が必要でしょう。

鮎の遡上は好調ですが、底石の状態が悪いですから、成るべく流れの有るポイントを見られる事をお勧めします。

烏山大橋も、一見昨年の解禁と変わらない様に見えますが、右岸側の流れが本流に成り、真ん中の流れでは、渇水で底石が出ている状態に成っています。

橋下流の竹藪前は、昨年よりも変化が出ております。


画像は、今日の烏山大橋です

第3回鮎放流

アップロードファイル 25KB

5月19日(金)釣専用区及び、武茂川へ本年度最後のアユ放流を行いました。
今回のアユは広島の灰塚ダム産F1で規格は25g、各河川への放流量は下記のとおりです。

那珂川 700KG
荒 川 150KG
武茂川 150KG  計  1,000KG


ホームページへの放流マップ、放流箇所明細のアップが遅れていますがすでに出来ております。メールでお送りすることも出来ますので、是非組合までお問い合わせください。

又渇水です

アップロードファイル 184KBアップロードファイル 191KBアップロードファイル 100KB

昨日今日と真夏を思わせる陽気に成りました。

その為、那珂川水系は再びかなりの渇水に成っており、石アカの状態が悪く成り、青藻の発生も酷く成っております。その為、跳ねる鮎の姿は見えますが、鮎の食む光景が余り見えなく成っております。

解禁前に、まとまった雨が欲しいです。


遡上の方は好調で、今日の青岩ではかなりの数が遡上しました。


又、小場江堰でも遡上が続いておりますので、梅雨明け以降が楽しみですね。


画像は、今日の青岩と青岩を遡上する鮎です。

河川情報

アップロードファイル 153KBアップロードファイル 133KB

先週末は、那珂川町で55cm程の増水に成りましたが、今日現在は、減水してますが、まだ平水よりも少し渇水の状態をキープしてます。

今日は、那珂川町協賛の鮎放流会が行われました。

武茂川、那珂川まほろばの湯前合わせて108kの稚鮎を放流しております。

まほろばの湯前で、地元幼稚園にもお手伝いしてもらってました。

遡上情報では、15日も小場江堰ねか遡上調査をしましたが、午後から遡上が確認されました。

又、那珂湊河口でも、稚鮎が確認出来ましたので、まだ遡上は続きそうです。

今回の増水では、武茂川でも40cm程の増水に成り、水量は回復しております。

今日最上流部の大鳥橋でも、遡上した鮎でザラ瀬にハミが出来始めました。


今年は、昨年よりも遡上量は多く成ると思いますが、

今年の特徴では、浅場の流れの中でしたか鮎のハミが出来ないように成っています。

トロ場や深い場所では、鮎が居ても石がボケボケに成っています。