個別表示

烏山大橋

アップロードファイル 169KBアップロードファイル 178KBアップロードファイル 168KB

烏山大橋も、昨年の台風で流れはだいぶ変わり、右岸の流れの水量が、増しています。

鮎の数は、昨年の倍以上居るようで、昨日の川見では、流れている所は、全て食んで居る状態です。真ん中の流れは、膝〜股位の水深ですが、底石も大きくはまっていますから、鮎はかなり付いてるようで、川を歩くと、かなりの鮎が逃げる姿を確認できました。

右岸の流れの橋の上下は流れが絞られており、強い流れに成っていますので、立ち込みにはご注意下さい。

橋下流竹やぶ前も、昨年よりも変化が出来ていますので、狙い易いと思います。

昨日の下見での状況ですが、ここまで鮎の数が多く、良い状態は、記憶に無いですね。


お願いです。

初音堰上の右岸岸よりが、昨年よりも掘れ込み、流れが強く成っています。流される危険が有りますので、堰下を渡るようにして下さい。

現在の水量ですと、腰位で渡る事が出来ます。