個別表示

鮎釣り解禁

アップロードファイル 175KBアップロードファイル 188KBアップロードファイル 193KB

今日那珂川の鮎釣りが解禁に成りました。

しかし、昨年に続く渇水と朝から北よりの爆風で釣り難い解禁に成ってしまいました。

それでも、水通しの良いポイントに入られた方はポツポツ掛けていました。

箒川、浄法寺旧グランド前の崖に突っ込む瀬では、9時までにトップ17尾。しかし、突っ込みから50m位の範囲しか釣れてません。

那珂川本流青岩では、竿の列が出来ましたが、良い方で朝9時までに15尾。型も良かったようです。

若鮎大橋上では、全体的にポツポツで10尾前後の方が多かったですが、橋上の瀬落ちに入られた方は35尾位でしょうか。

橋下流赤岩の瀬では、日中瀬の芯で釣れており、良い方で、25尾前後。

右岸側分川の岩盤の溝も放流鮎がたまっており、半日15尾前後。

烏山大橋では、左岸側堰上下が良く、トップは前半左岸側堰上を釣り、後半橋下左岸を釣って42尾。

型も流芯狙いの方には、20〜21cmの良型が混じりました。

但し、たの浅場を釣られた方は10尾前後の方が多かったです。


下野大橋も橋上左岸と橋下の平瀬がポツポツ釣れており、トップで35尾。


南部漁協事務所下流の堰下では、朝9時までに15尾位釣られた方もいます。但しこちらは、後半に釣果が延びたかは解りません。

武茂川では、渇水で水量が有りませんが、全体的に釣れており、20〜30尾の方が多数おりました。

さて、明日以降ですが、今日追い気の鮎が釣られていますから、オトリを入れにくいようなポイントを狙われた方が良いと思われます。

尚、各ポイントの釣果聞き取り調査結果は、集計次第発表致します。

画像は、箒川の鮎、青岩下流の鮎、若鮎大橋下流岩盤の鮎です