No.37467の記事

八溝大橋周辺

アップロードファイル 124KBアップロードファイル 108KBアップロードファイル 117KB

八溝大橋上流武茂川合流付近の、底石の泥かぶり状態はまだ改善されていませんが、橋下流のザラ瀬の底石はだいぶハミ跡が多く成っています。

昨年の台風で流れはだいぶ変化しています。

昨年細い分川で有った右岸の流れは、昨年の台風で流れが太く成り、川幅は25m位に成っています。底石も比較的大きく、沈み石ですので、ハミ跡も多く成っています。水深は深くても腰位で、右岸岸よりから余り立ち込まなくても釣に成ると思います。

本川も真ん中に小砂利の馬瀬が出来、渇水の今では小さな中州に成っています。左岸芦際は腰位の水深で、底石も大き目で、ハミ跡も多く確認出来ています。

下流のザラ瀬の肩付近は、石は小さめですが、底石は綺麗に成っています。


こちらも、橋直ぐ下のトロよりも、下流の浅いザラ瀬の方が石色は良く成っています。