最近の記事

鮎情報 New!

アップロードファイル 117KBアップロードファイル 139KB

那珂川流域も、今年の冬は厳冬に成りました。

節分も過ぎ、少しは寒さも和らいで来ました。

そんな中、茨城県大洗港と那珂湊港から鮎の情報が入りました。


昨年は、3月12日位から見え出しましたから、1ヶ月早いです。

サイズも7〜8cmと大きめですので、この個体は解禁までには22cm位までは、成長しそうです。

見え出しただけで、遡上が始まった訳では有りませんが、寒い中良い情報です。

ヤマメの放流について

いよいよ渓流魚の解禁が3月1日に迫ってきましたが、那珂川南部漁協の本年度ヤマメの放流の日時が決定いたしました。

3月3日(土)に荒川の瀬大橋に200sほか、3月23日(金)那珂川ほか支流各所に1000s、計1,200sを放流します。

なお、3月3日の放流は、ヤマメ釣り祭りと銘打っておりますので、釣り場は午前7時から開放となります。
詳細は後日記載いたしますのでしばしお待ちください。

今季終了です

アップロードファイル 176KBアップロードファイル 196KB

台風21号の豪雨により、今日の那珂川は那珂川町小口で水防団待機水位の4mを越す出水に成りました。

今回の出水でもまだ鮎は残っていますが、アカは完全に飛んでおり、回復する頃には残った鮎も下ると思いますので、今季の鮎釣りは終了に成ります。

今年は、7月の出水で早期遡上の鮎が下り、10月より茨城側で産卵が始まっており、今回の出水でもかなりの鮎が下流に下ったと思いますので、産卵量は多く成ると思います。茨城の海水温下がっていますので、来年の遡上も期待出来そうです。


今季の那珂川も、3月から雨が少なく渇水続きでしたが、遡上は好調で、瀬を中心に釣られた方は好釣果を得られ方も多かったと思いますが、ポイントによっては石が無くなったポイントも多く場所ムラも有りました。

今年の冬には漁場へ石を投入し、漁場整備を計画しております。

本日を持ちまして、鮎釣り情報は終了させて頂きます。
今年は、沢山の方に竿を出して頂き、有難う御座いました。来年も放流鮎の選定や放流方法を工夫し、より釣れる那珂川に成るように努力致しますので、宜しくお願い致します。

画像は、今日の烏山大橋と下野大橋上です

台風後の那珂川

アップロードファイル 116KBアップロードファイル 76KB

板室ダムでの100トンを筆頭に箒川水系、荒川水系でもダムの放水があり、午前9時半現在、増水真っ盛りです。今期のアユはこのまま終了になりそうです。

今日の那珂川

今日の那珂川は、1日雨模様で寒い1日でした。

流石に釣り人の姿は見れませんでしたが、水量は多少多めですが、濁りは入ってません。

明日の朝までは雨模様ですが、明日のお昼頃からは天気も回復し、土曜日までは晴れ間が広がる予報に成っています。

釣果の方は良い方で10尾釣れれば良い状態ですが、昨日は、箒川箒橋下流、富谷橋下流、新河岸下流には釣り人の姿が多く見られました。

台風の進路が関東直撃の予報ですので、今週末が最後のチャンスに成ると思います。

まだ、釣り足り無い方は、竿を出して見て下さい。